アクロス連ってあるのか?

2018年5月19日

今回のテーマは、ズバリ「アクロス連」

 

これは、とある行きつけのホールのサンダーVリボルトのデータ。

 

データロボサイトのデータですが、私はこのデータのMAX地点を

直で目撃したのです。久々に目を疑いました。

そして笑いがでましたw

 

一撃5000枚!!!

 

でも実は、一撃5000枚データを見たのはこれが初めてでは

ないんですよねぇ。過去、別に2回あります。

両方、「HANABI」ですね。

 

Aタイプで5000枚以上出る事は、そりゃ全然あるけど、

「一撃」となると話は別。

 

まあ、よくあるアクロス連ってすげえ!って話題ですけども、

ジャグラーよりも、いかついイメージですよね!

これだけ台数を誇るジャグラーでも、一撃はせいぜい2000枚~3000枚くらいで、

5000枚超えは、なかなかないのではないでしょうか?

 

 

 

ちなみに業界に携わってる身から、この件について言及すると

そういった、「アクロス連」をはじめとする「メーカー連」は

ないとは言えない

でしょうかね…(ちょっと自信ない)

 

いや、でもこういう事言うと、絶対次のようなことを言う人いるんですよ。

 

完全確率なんて、長いスパンみないと収束しない

だから、それくらいの偏りなんて全国規模なら全然ある

 

いや、凄く正しいと思います。

ただ、こういう事言う人って、世間的に言われている完全確率の概念を

ただただ、鵜呑みにしてるだけの可能性がありますよね。

つまり、実際使われている乱数プログラムとかを理解してて、

言ってるのかな~?ってことです。※理解してれば全然OK

 

 

僕もプログラマーじゃないので断言はできないんですけど

完全確率の話は、あくまで

 

本当に完全確率であるなら成り立つ

 

のであって、実際に抽せんに使用されている乱数が

完全確率になっているかどうかを立証できないと、

「パチスロは完全確率論」って成り立たないと思うんですよね。

 

 

少し、「乱数」についてググってもらうと、わかりますが、

過去ゲームにしろ、スロットにしろ、

完全な乱数を作ることって凄く難しいみたいなんですよね。

人が作るプログラムで、疑似的に乱数を発生させているだけなので、

どこかに偏りが出たりとか、色々と不備が出る可能性があったんですよね。

 

 

では、パチスロにおいてはどうなのか?

 

結局、それが本当に完全確率な乱数として機能しているかどうか、よりも、

保通が定めた試験(短期、中期、長期)をパスできれば、

まあ問題ないでしょう、としているのが実情なんだと思います。

 

プラス

市場で公表通りの確率に落ち着いていれば、

それが本当に乱数かどうかなんて、どうでもよく、

問題ないとなるのが、実情かなと思います。

 

逆に市場において、公表通りの数値にならなかったら、

ホールやユーザーからクレームがきて、メーカーの信頼に関わりますし、

偏りなんてわかりやすくでたら、試験にまず通らないので、

ほぼほぼ、完全確率なように見せている…のが、

世の中のパチスロなんだと、私は考えています。

 

本当に私の考え通りだとしたら、

世の中のパチスロは本当に完全確率と言えるの?

というところが、今回私が言いたいところであります。

 

故にアクロス連(ジャグ連も)があるとは言い切れませんが、

ないとも言えない

というのが、答えかなと思っております。

 

まあ夢は大きくですね(*´▽`*)

 

私の言いたい事が伝わったでしょうか。

もちろん、私の考えや予測が100%正しいとは言えませんので、

この件につきまして、ご意見ありましたら、ドシドシ待ってます。

 

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村